現在読み込み中です

{banners::title_alt}

{banners::title_alt}

免制震装置設計・製作・施工

制震ダンパー


現在読み込み中です

{title_alt}

現在読み込み中です

{title_alt}


HOME> 免制震装置関連> 摩擦ダンパー


摩擦ダンパー


概要
主に既存建物の制震補強に用いるエネルギー吸収部材です。
建物を使用しながら、外付けでの施工に用いられています。
小中学校既存校舎の補強を中心に、全国1,000本以上の納入実績があります。
ストローク長により、RC造・鉄骨造に対応します。
摩擦ダンパー
摩擦ダンパー

※クリックすると画像が拡大します。


特長
金属製のロッドをダイスに挿入し、カバー(内筒・外筒)で覆い、両端を固定するシンプルな構造です。
ロッド〜ダイスの摩擦により、地震のエネルギーを熱エネルギーに変え、吸収します。
変位-荷重履歴曲線の履歴特性は初期剛性が高く、剛塑性形を示します。
エネルギー容量に比較して、スリムな外観が可能なため、補強後の圧迫感がありません。
摩擦ダンパーの構成概要図
摩擦ダンンパーの詳細
ムービーを再生「摩擦ダンパー」

※クリックすると動画が再生されます


摩擦ダンパーの構成概要図
摩擦ダンパーの構成概要図

仕様
摩擦荷重 最大ストローク実績 備考
100kN ±100mm
  • 外径は∅165〜215mmで製作実績あり
  • 初期剛性は形状・外部との接合方式によるが、
    単体で300kN ±40mm ∅195mmの場合:約1000kN/mm
200kN ±100mm
300kN ±50mm
400kN ±50mm
カバーの形状を変えることで、様々な補強形態に対応可能です。
使用形態の例

仕様

お電話、ファックスでのお問い合わせ
技術案内・カタログ請求に関するお問合せを、お電話、ファックスでも受けつけております。ご利用の際は、電話番号にお間違えのないようご注意ください。

TEL:03-3533-6701

FAX:03-3536-0744

受付時間:月〜金9:00〜17:30(土日・祝祭日定休)

インターネット上からのお問い合わせと製品カタログ一覧
インターネット上からのお問い合わせ

製品に関する修理などの作業依頼や技術的なサポートはお問い合せフォームでお受けしております。

インターネット上からのお問い合わせはこちら

製品カタログ一覧

巴技研の会社案内およびご希望の製品カタログをダウンロードしてご覧ください。

製品カタログ一覧はこちら