現在読み込み中です

{banners::title_alt}

{banners::title_alt}


現在読み込み中です

{title_alt}

現在読み込み中です

{title_alt}


HOME> 試験装置関連> 木質造性能評価試験機


性能評価試験


木質造性能評価試験機(壁せん断試験機)

概要

壁せん断試験機は、木質構造の各種試験を実施可能とする試験機です。本試験機は、加力フレーム、試験治具および当社開発の省電力型ハイブリッドアクチュエータなどにて構成され、容易な操作性と高精度な制御性を特長とする試験機です。

本試験機は、大学、公的試験機関、ハウスメーカーなどに多数ご採用いただいており、高い評価をいただいております。

壁せん断試験機
壁せん断試験機
パネル材面内せん断試験の状況
パネル材面内せん断試験の状況

※クリックすると画像が拡大します。


特長
加力フレームは作業性に配慮したシンプルな構造です。
パンタ式拘束治具で試験体の面外変形を防止します。
アクチュエータはスライド支承とバランス装置で円滑な加力が可能です。

仕様
加力フレーム
床置型加力フレーム(200kN仕様)
概寸 長 8.4m × 高 4.5m × 奥行 1m
試験体 長 4.0m × 高 3.3m
作業ステージ、移動式足場
試験治具構成
タイロッド式試験治具
面外拘束装置
スライド支承(ストローク 1.5m)
バランス装置(カウンターウェイト)
関連リンク
加振制御計測ソフト
層間変位制御計測ソフト
木質耐力評価ソフト