現在読み込み中です

{banners::title_alt}

{banners::title_alt}


現在読み込み中です

{title_alt}

現在読み込み中です

{title_alt}


HOME> 試験装置関連> 大ストローク振動台システム


アクチュエータシステム


工学院式大ストローク振動台

概要

巨大地震にともなう長周期地震動により、超高層建物や免震建物が、長時間にわたり大きく揺れることが判っています。近い将来に巨大地震の発生が予想される中、高層ビルなどの室内安全性の確保は緊急の課題であり、地震発生時の大振幅の揺れを再現できる振動台を用いた検討が不可欠となっていました。当社では、工学院大学山下先生のご指導のもとに、長周期地震動による大振幅の揺れを再現できるテコ式振幅増幅機構を有する大変形加力装置振動台を開発、納入しました。


特長
テコ式振幅増幅機構により振幅±1100mm程度までの長周期地震動を再現可能。
振幅増幅機構を撤去し,振動架台をジャッキで直接加振することも可能。
既存の施設、載荷装置(油圧ジャッキ)を流用できるため低コストで導入可能。
同じ場所で他の実験を実施することも考慮し,設置及び解体が容易な構成を実現。
振動台の摩擦抵抗は30〜35kgf程度を実現(1人の力で動かすことが可能)。
大変形加力装置振動台
大変形加力装置振動台
テコ式振幅増幅機構
テコ式振幅増幅機構

※クリックすると画像が拡大します。


仕様
装置全体図
装置全体図